FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
牛乳って本当にカルシウムとれるの?
2010 / 05 / 13 ( Thu )
   スペース食べ物食べ物
手カルシウムを摂るためには 「牛乳が一番だ!!
  
 ・・・「チョット」待ってください。本当にそうなのでしょうか?

◎ 今日は意外に知られていない「カルシウムの吸収の良い食品」を紹介します。
  
    米国で一般的に知られている資料では、牛乳より「緑葉野菜」のほうが
    ずっとカルシュウムが多いことを示しています。

             (吸収率)    (1カップ当り)       (体に吸収される量)          
スペース野菜  
    約50%     約180mg    →       約90mg 

スペース野菜
     約50%     約160mg    →       約80mg 

スペース食べ物
    約30%     約300mg    →       約90mg 
 
           ※ 牛乳はカルシウムをたくさん含んでいるが吸収率がよくない。

  ( さらに牛乳より緑葉野菜の方が良い理由とは?
    1.赤ちゃん以外はミルクタンパク(カゼイン)を体内で消化できず病気の要因となる。  
      (離乳期をすぎるとカゼインを消化する酵素がでなくなる)
   
    2.牛乳を飲めば飲むほど骨から「カルシウム」を奪い、骨粗鬆症になりやすい。
      (牛乳は酸形成物質のため、飲みすぎるとを中和するために骨から奪われる)
             引用 松田麻美子の「ナチュラルハイジーンQ&Aブック」より一部引用

◎ 同じ栄養素を体に摂り入れる時は、「吸収されやすい物を食べる」のがいいですね。
  
    その際、食べることによる「リスク」も忘れないようにしたいものです。
    せっかく食べても「病気になって」は元も子もありません。 
  
    まずは体に優しい(吸収されやすい)「果物野菜」の生食から始めましょうネ。
  
            役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
   
11 : 25 : 19 | [健康管理]牛乳 | コメント(0) | page top↑
<<人間とライオンどっちが健康? | ホーム | もっと野菜をおいしくたべよう !!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。