FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
朝食を食べるって良いこと?
2010 / 03 / 18 ( Thu )
  多くの栄養管理士やお医者さんは、朝食は一日元気に活動するためスペース人   
   「たくさん食べなさい」と勧めています。

  朝からお腹いっぱい食べて本当に活動できるのでしょうか?

◎ 今日は、「朝食を食べるって良いこと?」について考えましょう。

人素材ある栄養士さんは食べる理由について・・・・・・
 「前の晩に食べたものは、夜眠っているうちにすべて
  使われてしまうため、朝はエネルギーの蓄えがなく
  なっているので朝食をたべる必要がある

  と話したようです。
 
  ( エネルギーが空であれば朝食を消化するのためのエネルギーはどうするの?
     エネルギーの蓄えがなければ朝食を消化することはできません。
     ある博士は・・・・・・
      「体は夜眠っている間におよそ2000kcalのエネルギーを作り
       肝臓・筋肉に蓄える
」とエネルギーはあることを述べています。
  
  ( 朝起きて頭がさえないとかだるい症状は体内の毒素を排泄している !!
      朝食をとると不快感はなくなります。

      なぜ?エネルギーが消化に向けられ解毒作業が中断するからです。
      そして「元気になった」と勘違いするのです。
         引用 松田麻美子の「ナチュラル・ハイジーンQ&Aブック」より一部引用

◎ 朝食を摂らなくても「体は動く」ということをわかっていただけたでしょうか。
   素材
   食べることによる「マイナス点」は、排泄がストップし「毒素」が溜まって
   しまうことです。便秘になったりして健康を害するおそれがあるのです。

   しかし、朝「果物野菜」を食べることは短時間に消化してしまい問題ないようですヨ。
  
          役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
 
14 : 39 : 01 | [健康管理]朝食 | コメント(0) | page top↑
<<良い脂肪ってあるの? | ホーム | 花粉症の真犯人はだれ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。