FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
なぜお肉って良くないの?
2010 / 02 / 03 ( Wed )
  子供たちの間で、大変な勢いで「肥満高血圧糖尿病」といった大人にみられるスペース人
   生活習慣病が増えているようです。(肥満はこの30年で倍に増加!)

◎ なぜでしょうか?
   要因の1つといわれている「子供の大好きなお肉の怖さ」について
     紹介しましょう。
       肉     肉    肉

  ( お肉がよくない理由はこれだ!!
   1.肉は、体が処理できる以上に大量のタンパク質飽和脂肪コレステロール
    含んでいる。
   2.肉は、病気を予防したり改善するために絶対必要な食物繊維抗酸化物質
    ファイトケミカルをまったく含んでいない。

  ( こんな悪影響を子供に与える!!
    例えば・・・・
    ・ガン細胞は多すぎるタンパク質を栄養として増殖するため、体がガン細胞を
      処理する能力が追いつかない。
    ・体が1日に排出できるコレステロールの量は、100mg/日であり、残りは
      体の中にたまり血管をつまらせたりして病気をひきおこす。
    ・お肉には、食物繊維が全く含まれていないため消化後の排せつ物が
      5日~1週間も体内にとどまり大腸がんなどの要因となる。
              引用 松田麻美子の「子供たちは何を食べればいいのか」より一部引用

◎ お肉を食べれば食べるほど病気になってしまう理由がお分かりになったでしょうか。
   さまざまな研究でも明らかになっているようです。

  子供たちの10年、20年後のことを考えると末恐ろしいですね。
   しかし「学校の先生や医師、栄養士の方」はこのことを教えてはくれません。

  ぜひ、「野菜果物」の良さをよく知って摂り入れるようにしたいですね。 野菜
     
            役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
09 : 54 : 07 | [健康管理]お肉 | コメント(0) | page top↑
<<植物油って本当にヘルシー? | ホーム | 加熱食品には命がない?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。