FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
果物は体を温めるって本当?
2012 / 01 / 06 ( Fri )
sil-home60.gif冬 「朝食は、果物と野菜で」とは言うものの寒い朝に
    体が冷え切ってしまうよ!!とおっしゃる方が
    大勢おられるのではないでしょうか? 
    
◎ 今日は 「果物は体を温めるって本当?」と題して紹介しましょう。

  素材 ( 寒い朝は、温かいご飯や味噌汁だと温まりますよね?)
スペースうどん
      <松田先生のコメント>
      ・私たちの体は、体温維持を外から取り込む温かい食べ物に頼つて
       いるわけではありません。体は糖を燃料として燃やし、体温を
       一定に保つようにしています。
                     
           「私たちのベストの糖源果物です」 
  素材 ( でも、果物を食べてすぐ温まるわけではないですよね?)

        その通りです。事前に環境を整えておく必要があります。
      <松田先生のコメント> 
       1.食事をするとき、室内を温かくすることです。                
          朝起きぬけに果物を食べるのではなく、まず適度な運動をして
         体を活発に動かすと血液循環が良くなり、体が温まります。

       2.そした果物は室温で食べます。冷蔵庫から出してきたものをすぐに
         食べれぱ消化器官が冷えてしまうのは当然です。
       引用 「ナチュラル・ハイジーンQ&A」松田麻美子著より一部引用
                   
 ◎ 確かに秋ごろから「ジュース」生活を始めた方にとっては初めての冬は挑戦ですね。
   でもやめないことです。
    体の調子が良くなった実感(減量できた、調子がいい等)がわかると、続ける意欲が
   自然と湧いてくるものです。

   果物や野菜の良さをぜひ「詳しく調べて」みて下さい(当ブログからも)
   まずは、朝食から「果物野菜」に切り替え、たくさん摂ることをお勧めします。
                果物 果物 野菜

               役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
                   にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
スポンサーサイト
18 : 04 : 15 | [野菜・果物]食べ方 | コメント(0) | page top↑
なぜ野菜から食べるといいの?
2011 / 11 / 09 ( Wed )
 最近TVなどでも良く耳にしますが、健康の専門家は「食べる順番はまず野菜から
  とすすめていました。血糖値やインスリン分泌の上昇を防いでくれるからだそうです。

 私も以前から、その順番を守っています。
  良さの立役者は「食物繊維」が関係しているようです。
  
 ◎ 今日は 「なぜ野菜から食べるといいの?」と題して紹介しましょう。

  素材 ( 野菜に含まれている食物繊維ってどんな働きをするの?)

    <キャンベル博士のコメント>
      ・食物繊維は、食事のカロリー濃度を薄めるのを助け →素材
        満足感を作り出し→ 食欲を止めるのに役立つ
        ⇒ つまり空腹感を満たし、
         カロリーの摂りすぎを最小限に抑えてくれる
 
                                             
      ・消化されない食物繊維は、腸までたどり発ガン物質かも知れ
       ない物を → 粘着テープのように集めることもしてくれる。
  素材 ( 食物繊維は大腸ガンを予防するって本当?)

     <キャンベル博士のアドバイス>
       ・「食物繊維を豊富にとることは直腸や結腸のガンの罹患率が低いことと
         きわめて深く関係している」
        豆類や葉物野菜、全穀物(精製処理されていない)といった食べ物は
         全て食物繊維が豊富だ。
       人物   腸   矢印 大豆野菜野菜玄米
                      (健康な腸は・・)      (食物繊維が豊富)      
       引用 「葬られた第二のマクガバン報告 上」松田麻美子/訳より一部引用
                   T・コリン・キャンベル 

 ◎ 確かに、一般的に野菜や果物は食後にデザート感覚で食べることが多いのでは
    ないでしょうか。ぜひ主食を食べる前にたべ、胃を食物繊維で満たして下さい。

   また、食物繊維は「お肉にはなく、植物性食品にのみ」含まれていることを
    忘れないようにして下さいね。  

   果物や野菜の良さをぜひ「詳しく調べて」みて下さい(当ブログからも)
    まずは、朝食から「果物野菜」に切り替え、たくさん摂ることをお勧めします。
                果物 果物 野菜

               役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
                   にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
17 : 36 : 06 | [野菜・果物]食べ方 | コメント(0) | page top↑
フルーツって1日にどの位たべたら良いの?
2010 / 10 / 29 ( Fri )
    秋の旬の果物は何でしょうか?
    柿、ブドウ、りんご、ミカンでしょうか。
       果物 果物 果物 果物 

     皆さんは何が好きですか?
     3か月位前に「フルーツも良いが緑の濃い野菜はなお良い」という記事を紹介しましたが 

    ◎ 今日は「フルーツって1日にどの位たべたら良いの?」と題して
       フルーツのたべる割合についてについて紹介しましょう。
          
 ( フルーツを食べる目安はどのくらい
     ・個人差があるので「1日○○グラム」とおすすめすることはできません。
      年齢、体重、活動量、糖尿病の有無など、そして野菜、豆類、木の実、穀類などを
      摂る量で変わってきます。

      目安としてはその人の消費カロリーの1040%程度までがよいです。
    
      そして、緑葉野菜の摂る量も大幅に増やすことをお勧めします。
                    引用 「松田麻美子のSHRニュースレター」より一部引用

 ( では具体的にフルーツをどれだけ食べればいいの
     1日のカロリー(中程度の仕事:立ち仕事)  
            20代   30代   40代
       女性  2000  2000  1950 kcal 
       男性  2550  2500  2400 kcal

     ・30代の女性:2000kcal×0.1~0.4=200800 kcalとして                  
      フルーツのカローリー(100g当り)と個数の換算(およそ)すると・・・・   
果物
 70キロカロリー(小1個)  

果物
  50キロカロリー(デラウエア1房)
果物
 160キロカロリー(中1個)

果物 
  30キロカロリー(中1個)
果物
 70キロカロリー(中1本)

となります。ですからフルーツで 200キロカロリー摂るには
    果物果物果物果物果物果物果物果物などです。

またフルーツで 800キロカロリー摂るには
    果物果物果物果物果物果物果物果物果物果物


◎ いかがでしたか?
  1日のカロリーの10~40%ってたくさん食べられるんですね。

   ぜひ最低の10%である200キロカロリーは毎日食べたいものです。
 
   健康な生活を続けるために「果物野菜」を朝1番に摂ることから始めましょうネ。
  
          役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ




17 : 19 : 07 | [野菜・果物]食べ方 | コメント(0) | page top↑
食後のフルーツは体に良くないよ!?
2010 / 07 / 23 ( Fri )
   この季節、メロン・スイカ・桃・・・と、おいしい果物のオンパレードですね。
   中には「食後のデザートは別腹で、いくらでも大丈夫!」という方もおられるでしょう。
            果物   果物 果物    
   でも、その食べ方「チョット!!」待って下さい。とても危険な食べ方ですよ。

◎ 今日は「食後のフルーツは体に良くないよ!?」について紹介しましょう。 

 ( 正しいフルーツの食べ方ってあるの
    答えはきわめて単純です!! 次の3つです

      ・ほかのどんな食べ物とも一緒に食べない。
     ・ほかの物を食べた直後に食べない(デザートは禁物)
     ・食べるときは胃の中が空の状態でたべる。


( フルーツをデザートで食べるとどうなるの人物
    例えば、「トンカツ」を食べた後にデザートで「メロン」を食べたとしましょう。

    「メロン」を食べました → 胃袋の中には「トンカツ」がつかえています
     → 「メロン」は先に進めません → 「トンカツ」と「メロン」は混じりあって
    発酵を始め、へと変わります → 不快さのため「胃薬」を飲みました 
    (※フルーツの入った生ゴミ袋を夏の屋外に放置したらすぐ腐敗します。
       38℃前後の体の中も同じような状態です)
     
( では食事の前にフルーツを食べるとどうなるの人物

    「メロン」を食べました → 胃袋の中は空っぽのため「メロン」は短時間で
    消化され腸へ → 「トンカツ」を食べました → 「トンカツ」はゆっくりと
    胃で消化されます → 消化後、腸へ移動し吸収されます 
           引用 「フィット・フォー・ライフ」より一部引用

◎ いかがでしたか?

  これまでの「栄養学」だけで考えたら、どちらを先に食べようが同じですね。
  しかし、食べる順番でこれだけ差が出るのです。(0点100点ほどの違いです)

  日本にも、昔から「天ぷら」と「スイカ」は食べ合わせが悪いといわれてきました。
  これも、食べる順番で解決するんですね。

  日ごろから病気にかかりにくい体を作るため「果物アブラナ科の野菜」を朝1番に食べる
  ことから始めましょうネ。
  
          役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ


13 : 40 : 33 | [野菜・果物]食べ方 | コメント(0) | page top↑
もっと野菜をおいしくたべよう !!
2010 / 04 / 30 ( Fri )
  ゴールデンウイーク突入!しましたね。
   やっと春らしい天候になりつつあるようですが、

  「野菜の高値」はしばらく続くようですね。

◎ 今日は、そんな貴重な「野菜をおいしくたべる方法」を紹介しましょう。

  とかく野菜嫌いの子供たちは多いようですが・・・

生野菜を毎日食べられるようになるためには?
  1.野菜の価値を知ること
    病気を予防し、生野菜は太陽エネルギーを蓄えており健康になれる。
  
  2.おいしく食べる工夫をする。

ではどうすればおいしく食べられるでしょうか?
  ① 果物といしょに食べる      
      野菜野菜野菜野菜  と   果物果物果物果物果物

     ※ 例えばレタスを皿に敷いた上に、フルーツ切ってを盛り付ける
  
   ② 好きな野菜を煮物・焼き物・海草サラダを生野菜の上にトッピングする。

スペース野菜
 ※ 例えばヒジキとニンジンの炒め煮キンピラごぼう・野菜炒め
    青菜の胡麻和え海草サラダを野菜を敷いた上に盛り付ける。

 

   ③ ドレッシングを工夫する。     
     油を入れずに柑橘類のジュースベリー類、トマトなどとアボガド、木の実を粉末にして
     あわせミキサー等にかける。
     ハーブニンニクねぎ類、味噌醤油を少々加える。
               引用 松田麻美子の「ナチュラル・ハイジーンQ&Aブック」より一部引用

◎ 確かに「レタスやキャベツ」を単品でボリボリ食べても美味しくないですね。

    野菜と相性のよい果物を合わせることで味もバラエティに富みますし
    和風好みのドレッシングがプラスされれば子供から年配者でもおいしく
    食べられますね。
  
    野菜嫌いの子供も、この様に工夫すると野菜好きな大人に成長することまちがいなしです。
  
          役立ったらani_mouse_2b[1] クリックを!!
               にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
  
17 : 12 : 10 | [野菜・果物]食べ方 | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。